最新情報

鳥取砂丘砂の美術館砂像を専門に展示する美術館)

「砂で世界旅行〜南アジア編〜」

〜信仰が息づく多様な文化と平和への道を訪ねて〜

 

今年はガンディー生誕150年にあわせ、南アジアをテーマに砂像の展示

 

2019年4月13日(土)〜2020年1月5日(日)

鳥取砂丘 砂の美術館
〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
TEL : 0857-20-2231 / FAX : 0857-20-2232

詳細はこちらをご覧くださいhttp://www.sand-museum.jp

I LOVE INDIA 2019

=インドの舞踊とフォークアートを楽しもう

ヨーガや講演会など盛りだくさん!=

今回は、溝上会長のご友人と娘さんの来日中に合わして

娘のDebangana Bhattacharya さんに日本語でのタゴールの歌とシャンティニケタンダンス を披露していただきます。

 

日時:2019年8月31日(土)

          受付10:00~   10:30~16:00  (時間内の出入り自由・チケット確認有り)

 

場所:神戸インドクラブ  神戸市中央区山本通1-7-15 

 

料金:前売り¥1,000(事前予約) 当日¥1,500

           ・サモサ&チャイ付き ・中学生以下無料

 

予約・お問い合わせ先:

   メール info@kansainichiin.com  TEL.090 8535 4130  FAX.078-251-8481

           事前予約は「お名前、ご連絡先、人数」をお知らせください。

   *インドクラブのランチ(¥900/要予約)ご希望の方はお申込の際にお知らせください。

   *インドアートワークショップ に参加の方は申込の際にお知らせ下さい。

 

内容:

・溝上富夫講演会「シク教の特徴について」(関西日印文化協会会長、大阪外国語大学名誉教授)

Debangana Bhattacharyaさんのタゴールソングとシャンティニケタダンス。

・インドアート(ワルリー画を描こう。講師/辻恵子 川瀬陽子

・南インド古典舞踊の体験と披露。講師/モガリ真奈美、披露/マルガユニティー

・初心者向けヨーガワークショップ。講師/プルヴィー・ジャベリ

・ヒンディー語で名前を書こうワークショップ。講師/安藤龍

・北インド古典音楽演奏。シタール/田中峰彦、タブラ/アシュウニ・クマール・ミシュラ

・インドスナックと飲み物(サモサ&チャイ)の無料提供。

・インドPRコーナー(インド政府観光局のポスター展示、冊子の配布など)

・インドカレーコーナー(インドクラブのランチ800/要予約

・ヘッドマッサージコーナー。(アーユルヴェーダ)担当/稲葉由美

・メヘンディ体験コーナー。担当/naomi kohno

 

主催:関西日印文化協会

後援:在大阪・神戸インド総領事館、兵庫県、(公財)兵庫県芸術文化協会、(公財)神戸国際協力交流センター、(公財)神戸市民文化振興財団、神戸市、神戸市教育委員会、神戸芸術文化会議、ラジオ関西

協力:北野国際センター、神戸北野ライオンズクラブ

兵庫県国際交流協会民間国際交流事業助成事業

 

★★★ 講師・出演者のプロフィール、内容はこちらをご覧ください★★★

 

「モディ首相が神戸を訪問」
G20首脳会議出席のため、インドのモディ首相は、会議の始まる前日(6月27日)の早朝、大阪に到着した。
宿泊先の「スイスホテル南海大阪」から大雨の中を、午後7時前に、700人のインド人聴衆が待つ神戸の「兵庫県公館」に到着し、約45分にわたって、講演した。
数名しかいない日本人の招待客の一人として、本会の溝上会長も出席し、インド国営TVのインタビューを受け、ヒンディー語の重要性について語った。
首相は、自分と神戸との関わりの深さ、今回のインドの総選挙で圧倒的な支持票を得たことに対する謝意、インドの総選挙が世界最大の民主主義の祭典であること、この規模の大きさ(有権者数、投票所の数、投票のマシーンの数等)の記録を更新できるのはインドしかないこと、
日本とインドの文化の共通性(たとえば、七福神のうち、四人の神はヒンドゥー教の神の影響で、三猿は日本からインドへ伝わったこと等)、安倍晋三首相との親密さ、新幹線をはじめとする日本からの技術協力等について熱っぽく語り、会場からは何度も「モディ・コール」が湧いた。
いつものように、一切のメモ用紙を見ることなく、流暢に話し続ける首相の記憶力と弁舌力とエネルギーは抜群で、この資質も選挙の大勝利に貢献してるのではないかというのが、溝上会長の感想。
演説を終えて、壇上の首相から会長は「お元気ですか」と語りかけられたという。
(本会理事 モガリ真奈美記)

 

 

 南インドの風〜神々の舞〜」
=南インド古典舞踊と文化の魅力=

日時:2019年6月15日(土)開場15:30   
一部(舞踊のみ)16:00~17:30     
二部(懇親会)    18:00~19:30

会場:ラピスホール 神戸市中央区楠町7-3-2
JR「神戸」駅より北へ徒歩10分、神戸高速鉄道「高速神戸」駅より北へ徒歩8分、
神戸市営地下鉄「大倉山」駅より徒歩1分

料金:前売券(予約) 
一部(舞踊公演のみ)¥3,000   高校生以下¥1,500
一部.二部¥4,800    高校生以下¥3,000(定員60名)
当日券:各+500円

出演者:南インド古典舞踊/モガリ真奈美
マルガユニティー (間宮暁子、蔭山みのり、山口美幸)

内容:
一部:南インド古典舞踊公演
南インド古典舞踊 モガリ真奈美のソロ、マルガユニティー 群舞。
南インド映像上映。
二部:懇親会(インド料理ブュッフェ)
インド料理、トークショー、ダンスミニレクチャー、など

問い合わせ、予約先:
関西日印文化協会 info@kansainichiin.com     09085354130(モガリ)
「お名前、人数、連絡先をお知らせください
下記の振込先へのご入金を確認後、予約受付の連絡をさせていただきます」

振込先
ゆうちょ銀行 記号:14350 番号:18195601
(ゆうちょ以外)
ゆうちょ銀行 四三八支店 普通口座 1819560
口座名義:カンサイニチインブンカキョウカイ

主催:関西日印文化協会、南インド古典舞踊・マルガユニティー
共催:南インドart mission
協力:グループ・あいとなっく
後援:兵庫県、(公財)兵庫県国際交流協会、(公財)兵庫県芸術文化協会、神戸市、神戸市教育委員会、(公財)神戸市民文化振興財団、
神戸芸術文化会議、在大阪・神戸インド総領事館、ラジオ関西

 

 

 

 

〜関西日印文化協会主催講演会〜


「日本の将来(を救ってくれるの)は インドしかない!」
=将来のために今なすべきこと=


【日 時】2019年6月9日(日)15:00~16:30   (受付14:30~)
【会 場】神戸市勤労会館 3F美術室  神戸市中央区雲井通5-1-2
【参加費】500円
【講 師】磯貝富夫氏(関西日印文化協会会員)
約37年間シャープ(株)に在籍、サウジアラビア駐在事務所長、
アメリカ駐在、メキシコ販売会社代表、中近東アフリカ販売会社(ドバイ)社長、
インド製造会社社長歴任、2016年9月シャープ(株)定年退職。
現在、インド・プネ市に拠点を置き、日印関係のビジネスアドバイザーとして、
また大学で教鞭を執るなど、多彩に活動する。
Ajeekya DY PATIL大学非常勤講師。
2017年からは、日印の人的交流を促進するため、
日本の大学生を中心とした若者を対象に、「インターンシップ研修」をプネで開催。
日本に一時帰国の際には、日本の大学で学生に向けて、
日本とインドとの関係について講演会を精力的に行う。

【申し込み方法】
メール info@kansainichiin.com  
TEL.  090 85354130      FAX      078 251 8481  
上記いずれかで、お名前、人数、連絡先をお知らせください。
メールの場合は、件名「6月9日講演会」としてご送信ください。
・定員 35名。定員になり次第締め切りとさせていただきます。

 

 

映画「ボース〜忘れられた英雄〜」上映会
日時 2019年(令和元年)6月1日(土)午後2時〜6時(受付は1時30分から。途中休憩あり)
場所 インディアン・ソーシヤル・ソサエティ(神戸市中央区熊内町5丁目1−3)
申し込み方:
電話 090 8535 4130 (モガリ) 
FAX  078-251-8481 (中崎)
締切は5月26日まで 定員100名
(定員に達し次第締め切ります。お断りする場合のみ連絡を差し上げます)
入場無料/要予約  
(休憩時に、希望者に、スナック・チャイ・ビール等を実費で販売いたします。
【作品の紹介】
インド独立運動の闘士、スバシュチャンドラ・ボース(1897~1945)は、
武力による祖国独立という志は果たせなかったが、その愛国的行動により、
現在でも出身の西ベンガル地方を中心に広くインド国民に敬愛されている。
 本編は、ガンディーとは違った路線をとった彼の独立闘争の軌跡を描いた
長編(上映時間は約3時間半、インターバル有)で、フィクションとはいえ、
かなり史実に忠実に描かれている。
現代インド史の理解のためにも、ぜひこの優れた作品を鑑賞ください。
日本語字幕総監修者
大阪外国語大学名誉教授 溝上富夫
*主催/関西日印文化協会

 

 

 

 

NPO日印交流を盛り上げる会よりご案内

◆菩提僊那継承事業◆
令和元年5月12日(日) 
13:00-13:30 オープニングセレモニー
13:30-14:00 記念講演「菩提僊那について」

       講師 シッダールタ・シン教授(インド大使館ヴィヴェーカナンダ文化センター所長)
14:00-14:40 インド政府ICCR派遣 オリッサ州民俗舞踊 奉納公演
会場:大安寺獅子吼殿ホール 
    (奈良県奈良市大安寺2-18-1)
入場無料先着順

共催:インド政府ICCR、インド大使館、在大阪・神戸インド総領事館、NPO日印交流を盛り
     上げる会   
協力:大安寺(菩提僊那が住した寺)、霊山寺(菩提僊那の墓所がある寺) 
後援:奈良県、奈良市、(公財)日印協会 
助成:(公財)仏教伝道協会、(公財)内田エネルギー科学振興財団(申請中) 
問合せ:在大阪・神戸インド総領事館Tel.06-6261-7299、
     NPO日印交流を盛り上げる会Tel.025-752-2396 
※プログラムは予告なく変更することがあります。

菩提僊那継承事業詳細はこちら
<http://www.mithila-museum.com/bodhisena.html>

オリッサ州民俗舞踊全国公演詳細はこちら
<http://www.mithila-museum.com/indiajapan2019/odissi_top.html>

◆Daian-ji shishikuden Hall, Nara  
May 12, 2019 
13:00-13:30 Opening Ceremony  
13:30-14:00 Lecture about Bodhisena by Prof. Siddharth Singh, Director,Vivekananda 
Cultural Centre, Embassy of India Tokyo 
14:00-14:40 Odisha Folk Dance sent by ICCR 
Admission FREE
The program is sometimes changed without notice.

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 NPO日印交流を盛り上げる会事務局
 〒948-0018 新潟県十日町市大池ミティラー美術館内
 TEL:025-752-2396 / FAX:025-752-6076
 Mailto:info@mithila-museum.com
 HP:http://www.mithila-museum.com

 

 

 

関西日印文化協会会員の磯貝富夫氏(プネ在住)の

「インターンシップ研修」活動を紹介します。

当協会の事業ではありませんが、

磯貝氏の「インターンシップ研修」への問い合わせ等をご希望の方は

当ホームページの「問い合わせ」にご連絡ください。

・・・・・・・・

 

インドを拠点として日印の人的交流を促進する活動の一環としまして、
2017年春から日本の大学生を中心とする若者を対象に
「インターンシップ研修」として2~4週間、当地プネで受け入れをしています。
これは大学と提携したり、単位取得に貢献することを意図したプログラムではございません。

通常、春と夏の長期休暇を利用する2~4週間のプログラムで、1チームを4~10人で構成する
グループ研修を想定しています。移動や宿泊の便宜を考慮しますと1チーム6名が理想です。
ご提供できるインターンシップ研修プログラムの概要と特徴は以下の通りです。

①期間と目的に応じて個別に研修プログラムを組み立てます。

 

②研修期間中はインド人家庭でのホームステイもしくはアパートシェアが基本です。
 (人数が多い場合はアパートシェアとなります。)

 

基本研修プログラム:(取捨選択可)
・インド地場/日系企業訪問(IT系、マーケティング系、コンサル系など)
・インドの社会福祉貢献団体でのボランティア活動
・インドの大学訪問とインド人学生との交流
・参加者の独自企画によるフィールドワークやプロジェクト
・日本語でのビジネスマナー講習(必須)
・日本語でのグローバル・マインド講習(必須)
・週3回のメンター・フィードバックを提供(男女1組のメンターによる助言や指導)

 

オプション:(費用は基本的に全て参加者の実費負担となります。)
・インドのIT系の会社でのIT業界の基本講習と実務研修(最低2週間)
・ヨガ体験レッスン(週1~5回)
・英会話の個人またはグループレッスン(週10~30時間)
・英語のプレゼン実践ワークショップ(週5~15時間)
・プネ市内・郊外日帰り観光
・ムンバイ日帰り列車ツアー(列車の予約が取れない場合は陸路に変更)
・オーランガバード観光とアジャンタとエローラ石窟遺跡周遊(一泊二日旅行)

 

参加費用:(渡航に関する全ての費用とエアチケットは参加者負担です。)
研修費はプログラム内容と参加人数によって決まります。研修費用は私と
 パートナーの2人の活動時間に対する対価を参加者にて分担して頂きます。
 (一人1時間当たりRs1000=約1,650円、例えば、10日間滞在で一日平均2時間
  x2人でお世話した場合の受講費はRs40,000=約66,000円です。これを4人で
  分担すると一人16,500円です。但し、最低料金として参加者一人1万円です。)
・宿泊費の目安は一泊3食付きでRs1000=約1,650円(二人一部屋)です。
・日本からの往復チケット代の目安は約10万円です。(ニューデリー又はムンバイ経由)
 (利用航空会社、季節、繁忙期、曜日、購入タイミングによりかなり変動します。)
・滞在中の交通費および観光費用は参加者による実費分担となります。
・プログラムにより、訪問先企業への謝金を負担して頂くことがあります。

 

上記③の基本プログラムを4人グループで3週間の滞在の場合で総額一人20万円で収まります。
(但し、エアチケットの予約は出発日の2ヶ月以上前に完了することが前提です。)
上記以外のご要望にもできるだけ副えるようにアレンジさせて頂きます。
メンターとして、豊富な海外経験があり、インド経歴の長い男女が懇切丁寧に指導しますので、
女性1人でも安心して参加して頂けます。
学生に限らず、若者のグローバル・マインド研修やリーダーシップ研修の場としても
ご活用を検討頂ければ大変嬉しく思います。

2019年夏期研修の受付を開始しました!
ご要望にお応えして、今回から受け付け開始を1ヶ月早めました。すでに1グループの研修が
固まっていますので、お受けできる期間は7月1日から8月18日までの間となります。
滞在期間と研修内容のご要望と対象人数をお知らせ頂ければ、お見積りを提示させて頂きます。
お申込みは1名様からお受けすることが可能です。
皆さまの周りでご興味のある方にも展開頂ければ幸甚です。

今後10年以内に、インドは世界から新興勢力として注目されることになるでしょう。インド人
と関わらない業界も皆無になっていくことでしょう。私達の子供世代にとって、日印の関係が
世界のどの国との関係よりも重要で最強なものへ発展することを私は確信しています。
今後インドから日本への人的交流を促進するため、インド人の若者を対象に日本でインターン
シップを実施する際の受け入れ先を開拓することにも注力して参りたいと考えております。
インド人受け入れにご協力頂ける企業や機関がございましたら、お知らせ頂けますと幸いです。

磯貝富夫@PUNE
Tomio Isogai
Mobile: 8888822721 (インド) 090-6975-9425(日本のみ)
Be ambitious, Be global! 
「日本の将来(を救ってくれるの)はインドしかない!」
「グローバルリーダーになるための11ヶ条」
Freelance Advisor to Indo-Japanese Relations
Adjunct Professor at Ajeenkya DY Patil University
* * * * * * * * * * * * * * * * *
Member of:
    22nd Century Academy (Japan)
    Kansai Japan India Cultural Society (Kobe, Japan)
    Ayurveda Society in Japan
    BKS Iyengar Yoga Association of Japan

 

 

「Holi Mela 〜インド春まつり〜」

カラフルな色の粉で悪魔祓いをして春の訪れを祝うインドのお祭り(Holi祭)の時期に合わせて、インド文化や舞台芸術を鑑賞するプログラム。

【日時】
2019年3月23日(土)15:30~20:30 (open15:00)

【場所】
神戸インドクラブ(神戸市中央区山本通1-7-15)

【公演】
北インド古典舞踊/ナリニ・トシュニワル
南インド古典舞踊/モガリ真奈美
東インド古典舞踊/村上幸子
ボリウッドダンス/プラクルティ
北インド古典音楽/
  石濱匡雄(シタール)
  アシュウニ・クマール・ミシュラ(タブラ)
インド料理レクチャー/インドクラブのシェフ
オープニングセレモニー/プルヴィ・ジャベリ
MC/サニー・フランシス

【入場料】
前売(予約) ¥3,800  [100名限定]
当日 ¥4,200 
(5歳〜16歳 ¥2,000)
★インド料理ビュッフェ込

【予約先】
関西日印文化協会までメールか電話でご連絡ください。

■ メール info@kansainichiin.com
■ 電話 090-8535-4130 (モガリ)

お名前、人数、連絡先をお知らせください。
メールの場合は件名に「Holi Mela 予約」でお願いします。

下記の振込先へのご入金を確認後、
予約受付の連絡をさせていただきます。

【振込先】
ゆうちょ銀行 記号:14350 番号:18195601
(ゆうちょ以外)
ゆうちょ銀行 四三八支店 普通口座 1819560
口座名義:カンサイニチインブンカキョウカイ

主催:関西日印文化協会
後援:在大阪・神戸インド総領事館、インド・ソーシャル・ソサエティ、在日本インド商業会議所、兵庫県、(公財)兵庫県国際交流協会、神戸市、神戸市教育委員会、(公財)神戸市民文化振興財団、ラジオ関西

協力:神戸インドクラブ、ナマステワークス、ゼロワンインターナショナル

 

 

 

=KOBE国際交流フェア=

「交流パーティーのご案内」

関西日印文化協会は神戸国際交流フェア2019に協力しています。

 

3月2日(土)、3月10日(日)の二日間さまざまな催しがありますので

皆様是非ご参加ください。

 

 まず、3月2日(土)の交流パーティーのご案内です。

申込は、神戸国際交流フェア事務局までご連絡ください。

 

以下、チラシより

 KOBE国際交流フェアを盛り上げよう!

フェアに参加している団体のみなさんや国際交流に興味のある方々と集まって、

楽しくお話ししませんか?どなたでもご参加ください! 飲み物、食べ物アトラクションも用意しています! 

KOBE国際交流フェアを盛り上げるために、みんなで

 楽しく弾けよう!!

 

日時:2019年3月2日(土)17:30~19:00 (17:00受付開始)

場所:神戸市勤労会館 7F

費用:1,000円(中学生以下500円)

定員:200人(募集者多数の場合は抽選)2/28(木)16:00必着

 主催:神戸国際交流フェア実行委員会、(公財)神戸国際協力交流センター

 

問い合わせ(神戸国際交流フェア事務局)

651-0083 神戸市中央区浜辺通5-1-14神戸商工貿易センタービル2F

(公財)神戸国際協力交流センター内

TEL:078-291-8441 FAX:078-291-0691 

-mailfair@kicc.jp

 

 

 

 

2019年 明けまして おめでとう ございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・

 

映画の案内

「ボースー忘れられた英雄」

特別記念上映会

 

上映日:2019年 1月23日(水)

会場: インド大使館VCC講堂

開場: 13:30   上映14:00

言語: ヒンディー語(日本語字幕付き)

入場料:無料

*メールによる事前申し込みが必要となります。

参加方法:1月22日10:00までに下記メールアドレス宛に参加者全員の

ご指名をご連絡ください。(電話による申込不可・定員に達し次第受付終了)

vcc.tokyo@mea.gov.in

 

 

 

 

神戸山手大学 公開講座
「インパール戦跡の現状と観光」

 

今年2月27日28日の「インパールへのお誘い〜日本・東北インド文化交流会」

発起人鏑木様とインパールの発起人アイリーン様)

参考→https://www.kansainichiin.com/イベント報告-フォトギャラリー/

アイリーン様の訪日に併せて講演会を行うことになりましたので

ご案内いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

この度、12月8日(土)に下記の内容で神戸山手大学 公開講座を開催することになりました。参加無料ですので、是非起こし下さい(ただしメールでの登録が必要です。またアクセス等はチラシをご参照下さい)。
日時:12月8日(土)1-3pm
場所:神戸山手大学 1号館3階1335室(神戸市中央区諏訪山町3-1 )
講座タイトル:
    インパール戦跡の現状と観光』
発表者:
・小磯 学(神戸山手大学 現代社会学部 観光文化学科 教授)
「趣旨説明」
①サラム・アイリーン先生(元インド・マニプル大学歴史学科長)
 「インパール作戦と今日の観光」(英語:同時通訳あり)
鏑木義博先生(日印協会会員)
 「東北インド = 戦跡巡りの一人旅」
 2次世界大戦の日本最悪の戦い「インパール作戦」。
戦場となったインパール周辺の山々は今も当時の姿を留め、
終戦70周年を機にその負の遺産観光がインド国内・外で注目されています。
その現状についての報告です。

 

★参加費は無料ですが、12月5日までに神戸山手大学・神戸山手短期大学地域社会連携センター
e-mail: shogai@kobe-yamate.ac.jp への登録が必要です。 
上記Eメールにて、講座名、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、年令をご記入の上お申込み下さい。

 

 

 

インド映画

「ガンジスに還る」

http://www.bitters.co.jp/ganges/

インドの聖地「バラナシ」を舞台に、

死期を悟った父と、

それを見守る家族の旅路。

 

11月10日(土)より「テアトル梅田」https://ttcg.jp/theatre_umeda/access/

11月10日(土)より「京都シネマ」http://www.kyotocinema.jp/map.php

11月24日(土)より「シネ・リーブル神戸」https://ttcg.jp/cinelibre_kobe/access/

 

  8月15日インド独立記念日に、
大統領官邸で催された祝賀レセプションの席上、
溝上会長がモディ首相に話しかけられ数秒間短い会話を交わすという「奇蹟」を記録した映像
公開いたします。
こちらをご覧ください。
☆リンク先をYou Tubeに変更しました。

第9回インディア・メーラー

 

●6日は台風の通過によりメリケンパークに強風が吹く恐れがあるため

中止になりました。

7日、8日は開催します。

 

西日本最大のインドの祭典「インディア・メーラー」

日時:10月6日(土)   15:30~20:00

                       7日(日)     11:00~20:00

                       8日(月・祝)11:00~19:00

会場:神戸メリケンパーク

 

*インド舞踊・音楽などのステージ、飲食ブース、インド物販、マッサージやメヘンディ、など

会場いっぱいにインドが溢れている3日間。

https://indiamela.jp

 

●溝上会長の講演●

7日(日)

13:45~13:55  ステージにて溝上会長出演(10分)

14:00~15:00  セミナーテントにて溝上会長講演会「日印交流―歴史と展望」を行います。

奮ってご参加ください。

 

<その他>

理事モガリの南インド古典舞踊グループ・マルガユニティーの出演

7日(日)13:35~13:45、17:15~17:35

モガリ主宰バラタダンスクラブとボリウッドダンスの出演は

8日(月・祝)14:00~14:15

 

6日(土)のオープニングセレモニーでは

16:00~16:05「welcome by Indo Japan Children~絆KIZUNA~」で

中崎理事の協力により日本人の子どもたちが出演しインド人の子どもたちと共演します。

 

 

 

 

 

Pt. Ritwik Sanyal Japan Tour 2018 at The India Club Kobe

Pandit Ritwik Sanyal is an Indian classical singer and the Dhrupad maestro from Varanasi, and a professor of vocal music and Ex Dean at the faculty of performing arts at Banaras Hindu University. Pandit Ritwik Sanyal received the highest award for music in India, Sangeet Natak Akademi Award from President of India Hon. Shri Pranab Mukherji, 2013 

18:00 open / 18:30 start / 20:00 Dinner (Indian vegetarian food)
Ticket: 3,000yen (with Dinner)
at India Club Kobe

Vocal Pt. Ritwik Sanyal
Pakhawaj Tetsuya Kaneko

Booking indiaclubinfo@gmail.com / 078-221-8525
(Please mail us with name, mobile number, number of ticket and pay at the door.)

What is Dhrupad?
https://youtu.be/mAdytOAJ_nE

Pt. リトウィク・サンニャル Japan Tour 2018 at インドクラブ神戸

微細な音の領域、ラーガの即興宇宙へとあなたを誘う、北インド古典音楽ドゥルパド様式ダーがる流派の最長老マスター Pt. リトウィク・サンニャル師のリサイタルをインドクラブ神戸で開催します。

18:00 open / 18:30 start / 20:00 Dinner
チケット: 3,000円(インド菜食ディナー込み)
会場:インドクラブ神戸 メインホール

ご予約 indiaclubinfo@gmail.com / 078-221-8525 まで
イベント名、お名前、携帯、人数をお知らせください。
チケット料金は当日受け付けでお支払いください。

Vocal: Pt. リトウィク・サンニャル
北インド古典声楽(ドゥルパド様式)声楽家。インド国立ベナレスヒンドゥー大学上演芸術学部声楽家教授、同大学前学部長。1963年より1975年まで、ムンバイにてドゥルパドのダーガル流派の巨匠、故Ud. Zia Mohiuddin Dagar  及び 故Ud. Zia Fariduddin Dagar にドゥルパドを師事。ダーガル流派は、伝説的なドゥルパド歌手ターンセーンの師であるスワミ・ハリダースの流れを汲み、静けさを基調とした、極めて繊細で優美な流派である。1980年にベナレスヒンドゥー大学にて音楽学の博士号取得。以来、ドゥルパド様式の伝統継承に広く貢献する。声楽家としてだけでなく、作曲家、音楽学者、執筆者としても活躍しており、 インド国内のみならず、世界的に高い評価を得ている。2014年、インド音楽界最高の賞であるサンギート・ナタク・アカデミー賞をインド政府より授与される。 

パカーワジ(両面太鼓)伴奏: カネコテツヤ
2000年よりインド・ヴァラナシにてPt. Shrikant Mishra に師事。2017年よりインド・ヴァラナシにてPt. Vishwambhar Nath Mishraに師事。毎年インド・ヴァラナシにて開催されるドゥルパド界最大級のイベント、オールインディア・ドゥルパドメーラーにソロ及び伴奏で02年より16年間毎年出演している。04年度第29回ドゥルパドメーラーにてゴールドメダルを受賞。グジャラート、ダーホード、リシケーシュなどインド各地の音楽祭や音楽大学でも演奏し、Ud.Sayeeduddin Dagar、Pt.Ritwik Sanyal、Pt.Umakant Gundecha and Pt.Ramakant Gundecha、Pt.PremKumar Mallik、などインド音楽界の巨匠達と多数共演している。
http://pakhawaj.blogspot.jp/

 

 

I LOVE INDIA 2018
〜インドの舞踊とフォークアートを楽しもう!
ヨーガや講演会など盛りだくさん!!〜

【満員御礼】
9月10日(月)の時点で前売り予約申し込みが定員100名に達しましたので
これをもちまして、前売り予約申し込みは終了させていただきます。
当日券の販売もありませんので ご了承のほどよろしくお願いいたします。

日時:2018年9月17日(月・祝)  11:00~16:00 (受付10:30~)
会場:神戸インドクラブ
神戸市中央区山本通1丁目7-15 TEL. 078-221-8525
料金:前売り¥1,000(事前予約) 当日¥1,500
         ・サモサ&チャイ付・中学生以下無料・

内容はこちらをご覧ください。 

 

*講師プロフィール、説明などはこちらもご覧ください。

*講演会、各ワークショップ、ヘッドマッサージ、メヘンディの参考写真載せました。

クリックすると拡大します。

*下のチラシもクリックすると拡大します。

★台風通過のため 中止になりました★

「インド古典音楽を理解する」Vasumathi Badrinathan氏講演会(入場無料)

9月4日(火)インドクラブにて Vasumathi Badrinathan博士の講演会が開催されます。

Badrinathan博士は、インドのクラシック音楽界においてミュージシャン、思想家、学者、作家として著名で重要な人物として知られています。
彼女はコンサートのため世界中を旅し、講演を行い、国内および国際音楽祭でワークショップを開催しています。

9月4日の夜、インドクラブで講演会を開催することが決定しました。

テーマは「インドの古典音楽を理解する」。
Badrinathan博士にインドのクラシック音楽の知識と深い理解を共有することは、非常に貴重な体験になるでしょう。インド音楽を愛するすべての方へ、この特別な機会を逃すことはないようお勧めします

このイベントはインドのクラシック音楽に興味のある方には無料でご利用いただけます。皆様のお会いでじきるを楽しみにしております! Dr. Badrinathanの詳細については添付のプロフィールをご覧ください。
https://www.facebook.com/vasumathi.badrinathan

インドクラブ委員会

イベント:「Understanding Indian Classical Music」(インド古典音楽を理解する)
出演:Dr. Vasumathi Badrinathan博士
 ゲスト:H. E. Shri B. SHYAM在大阪・神戸インド総領事(2018年8月より着任)

会場:インドクラブ
日時:9月4日(火)20:00〜
入場:無料(ドリンクと軽食を販売します)
 ※このイベントは英語・ヒンディー語によるトークを中心としたものです。日本語の通訳はございません。

 

 

 

 

 

日本ヴェーダーンタ協会からのご案内

 

<スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ訪日記念行事> 

近代インドの聖者、スワーミー・ヴィヴェーカーナンダは、大きな愛と勇気をもって人類への奉仕にその生涯を捧げられました。
日印友好の先駆者でもあった彼が日本を訪れてから125年目となる今年(2018年6月30日)、下記のとおり訪日125周年を祝う3つのイベントを開きます。

詳しくはチラシをご覧ください。いずれも参加費無料です。お友達やご家族もお誘い合わせの上、是非ご参加下さい。心よりお待ち申し上げております。

 

*スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ訪日125周年記念祝賀会

6月30日(土)午後2時より、神戸元町駅から徒歩2分の兵庫県私学会館にて祝賀会(テーマ:スワーミー・ヴィヴェーカーナンダと日本とインドの関係)を開きます。関西日印文化協会の溝上富夫会長もゲストスピーカーとしてご参加くださいます。また、中川博志氏によるバーンスリーの演奏や、スワーミー・ヴィヴェーカーナンダの生涯を描いたビデオ上映もございます。ご参加いただいた方には、茶菓とスワーミー・ヴィヴェーカーナンダの魂のこもったメッセージ集を差し上げます

 

*朝の戸外イベント

6月30日朝9時から、スワーミー・ヴィヴェーカーナンダが船を下り立った神戸港にて、ラーマクリシュナ・ミッションの僧侶:スワーミー・メーダサーナンダとともに、海に向かって祈りを捧げます。  於:メリケンパーク南東端、神戸海援隊碑の近く

 

6月30日朝10時から、スワーミー・ヴィヴェーカーナンダが訪れた可能性のある兵庫大仏(能福寺)にて大仏様に参拝いたします。(時間が前後する可能性あり)

 

主催:日本ヴェーダーンタ協会(vedanta.jp

お問い合わせ:sv.kobegmail.com   祝賀会ボランティアスタッフが対応させていただきます。

 

 

 

 

「溝上富夫名誉教授の受勲祝賀会」のご案内

 

謹啓 新緑の候 益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のお引き立てに預かり厚く御礼申し上げます。

 さて、この度当会会長の溝上富夫氏(大阪外国語大学名誉教授)が、

長年にわたり日本におけるヒンディー語の普及と日印文化交流の活性化へのご貢献によりまして、

インド政府よりパドマ・シュリー勲章を授与されました。つきましては、

溝上名誉教授のご功績を讃え、受勲のお祝いとともに皆様とのご交流も兼ねて

下記のとおり祝賀会を開催いたしたいと存じます。

 ご多用のところ恐縮ではございますが、何卒お繰り合わせの上、

ご出席くださいますようお願い申し上げます。                             

敬白

 

発起人:兵庫県知事 井戸敏三

    インド商工会議所会頭 Ram Kalani

            インドクラブ会長 Hiren Zaveri

            インディアン・ソーシャル・ソサエティ会長 Johnny N.Lalwani

 

主催:関西日印文化協会世話人会

   徳田一彦、山田芳信、三住滋櫻、モガリ真奈美、中崎和代、三上敦史、佐藤典久

 

・・・記・・・

 

 日 時:平成30年5月25日(金)

    18:30~20:30(受付は18:00より)

 

会 場:ISS(インディアン・ソーシャル・ソサエティー

    http://manami-f.com/wp-content/uploads/2018/05/afc0d214d9f6cba4852a94de18cb4f8e.pdf

    神戸市中央区熊内町5丁目1-3

     (バス停熊内5丁目下車、ローソンの2階)

     TEL.078-242-4092

 

会 費:3,000円(ビュッフェ付き)・定員100名

 

申込先:info@kansainichiin.com 

           (お名前/フリガナ、人数、連絡先をご明記ください)

 

・ご参加の申し込みは、5月21日までにお願いいたします。

 

2018年4月2日受勲式の写真です。(インド政府が公開した動画より)

 

24:23ごろ溝上先生の名前が呼ばれます。
https://www.youtube.com/watch?v=1m4JJab7it0&feature=share

インド政府のサイト
https://www.mygov.in/cards

先生の紹介You Tube
https://www.youtube.com/watch?v=Wk-Cs1WpKwM&feature=youtu.be

インド首相官邸のツイッター
https://twitter.com/pmoindia/status/980798008756523008?s=12

インド大統領のツイッター
https://twitter.com/rashtrapatib…/status/980830242410516482…

 

 

 

 

 

菩提僊那継承事業

今年の菩提僊那継承事業は菩提僊那が滞在していた大安寺で5月13日開催されます。
インド政府ICCRはソナリ・モハパトラ女史率いるオリッシー舞踊団(7名)を派遣します。

 

○奈良公演・菩提僊那継承事業○
 5月13日(日)
 13:00-13:30 オープニングセレモニー
 13:30-14:30 インド政府ICCR派遣 オリッシー舞踊 奉納公演
 会場:大安寺獅子吼殿ホール
 入場無料
 共催:インド政府ICCR、インド大使館、在大阪・神戸インド総領事館、NPO日印交流を盛り上げる会
 協力:大安寺(菩提僊那が住した寺)、霊山寺(菩提僊那の墓所がある寺)
 後援:奈良県、奈良市、(公財)日印協会 
 助成:(公財)仏教伝道協会、(公財)内田エネルギー科 学振興財団(申請中)
 問合せ:在大阪・神戸インド総領事館Tel.06-6261-7299、
     NPO日印交流を盛り上げる会Tel.025-752-2 396
 ※プログラムは予告なく変更することがあります。

 

ソナリ・モハパトラ プロフィール
 ソナリ・モハパトラは他に類を見ないオリッシー舞踊家です。5歳の時に、
 医療ミスにより、左耳の聴力の100%、右耳の80%を失ってしまいました。
 このような困難な状況の中でオリッシー舞踊を身に着けました。「スワー
 ラ」(音程)や「タール」(リズム)を聴くことを基本とする舞踊や音楽
 を習得することは、聴覚障害を持つソナリ氏にとっては至難の業でした。
 音楽や歌を聴くことが出来ませんでしたが、補聴器を使用することによっ
 て、リズムを感じることができるようになりました。リズムを通して、歌
 詞や音楽を感じ取れるようになり、パフォーマンスを完成させることが出
 来ました。また、幼少の頃より父より様々なタール(リズム)の種類を教
 わり、母からは書籍を通してオリッシー舞踊の理論を学びました。そして
 兄弟に助けられながらコミュニケーション能力を身に着け、現在は唇の動
 きで言葉を読んだり、発声して話すことができるようになりました。
 最初の師匠、トルプティー・モハンティ氏の下で、ヴィシャラード(イン
 ド古典芸能における学士号に相当)取得まで修行し、その次はグル・シュ
 リ・ドゥルガーチャラン・ランビール氏に師事しました。
 本人の努力、グル・シュリ・ドゥルガーチャラン・ランビール氏の指導、
 家族の支援によって、ソナリ・モハパトラはグル・シュリ・デバ・プラサ
 ド・ダス・ガラナ屈指のオリッシー舞踊家となることが出来ました。

 来日アーティスト
 1. Ms. Sonali Mohapatra
 2. Ms. Anwesa Das
 3. Sh. Satya Prakash Sahoo
 4. Sh. Abhiram Nanda
 5. Sh. Sukanta Kumar Kundu
 6. Sh. Dhaneswar Swain
 7. Sh. Pradeep Kumar Ray

 

 

4月2日、溝上会長はパドマ・シュリー賞授賞式に出席しました。
早速、YouTube、Twitterなどにアップされているのを教えていただきました。
ありがとうございました。

 

24:23ごろ溝上先生の名前が呼ばれます。
https://www.youtube.com/watch?v=1m4JJab7it0&feature=share

インド政府のサイト
https://www.mygov.in/cards

先生の紹介You Tube
https://www.youtube.com/watch?v=Wk-Cs1WpKwM&feature=youtu.be

インド首相官邸のツイッター
https://twitter.com/pmoindia/status/980798008756523008?s=12

インド大統領のツイッター
https://twitter.com/rashtrapatib…/status/980830242410516482…

 

 

↑クリックすると拡大します。

 

 

 

「去る1月26日のインド共和国記念日に、インド政府から、

溝上富夫会長が2018年度のパドマ・シュリー勲章をLiterature and Education の分野で

授与されることが発表されました。

 

インドの民間人に授けられる4つの勲章(Bharata Ratna「インド玉珠賞」, Padma Vibhushan「蓮華大勲章」, Padma Bhushan 「蓮華中勲章」,Padma Shri「蓮華勲章」-この4つの勲章をあわせても毎年平均70名ぐらいしか受賞されていません。日本人で受賞したのはこれまでパドマ・ブーシャンを受賞された森喜朗元総理を含めて8名のみ)の4番目です。日本人では、2012年の司馬正二筑波大学名誉教授(工学)、2013年の故辛島昇東大名誉教授(南インド史)、2014年の前田専学東大名誉教授(インド哲学)に次いで、4年ぶりの受賞で4人目です。

 

次をご覧ください。

 

*****************
この度、溝上会長は、
2017日印友好交流年記念事業」の一環として「『日印関係―歴史と展望』と題する、
4言語(ヒンディー語・パンジャービー語・ベンガル語・日本語)によるパワーポイントを用いた講演」
という事業を10月~12月に実施して帰国しました。
期間は45日におよび、訪問した都市は首都等3大都市を含む13都市、講演回数は24回、
インド国内の移動総距離は8千キロメートルという画期的なものでした。
多くのメディヤにも取り上げられ、東京大学インド事務所が決定した
「日印関係2017年ビッグニュース10」のなかにも選ばれました。
この講演旅行については、「インド講演旅行(前半)を終えて」と題する記事が、
公益財団法人日印協会の月報「月刊インド」の1月号(Vol.115, No.1 January 2018)に掲載中です。
引き続き、「インド講演旅行(後半)を終えて」は同紙の次号2月・3月合併号に掲載されます。
***********************

1月10日に東京のインド大使館で催された「世界ヒンディー語デー」のイベントに参加して
講演(昨年末のインド講演旅行について)を行いました。
Ambassador HE Sujan R. Chinoy addressed a gathering of Indians and Hindi-speaking Japanese on the occasion of Vishwa Hindi Diwas/ World Hindi Day and read out the greetings of Hon’ble Prime Minister Shri Narendra Modi. Professor Tomio Mizokami, Prof. Emeritus, Osaka University of Foreign Studies gave an absorbing and entertaining lecture on India-Japan relations and his recent lecture tour of India. This was followed by the play “Angulimala” enacted by students of Hindi department Tokyo University of Foreign Studies in which a murderer had a life-changing encounter with Lord Buddha. 
10 January 2018
(Translation)
スジャン・R・チノイ大使閣下は、ヴィシュワ・ヒンディ・ディワ
または世界ヒンディー語デーの祝賀イベントに出席した在日インド邦人とヒンディー語を話す日本人を前に、
ナレンドラ・モディ首相からの祝辞を代読しました。
大阪外国語大学名誉教授の溝上富夫教授が、印日関係や最近、訪印して行った講演活動について、
き込まれるほど興味深い講演を行いました。
溝上教授の講義に続いて、東京外国語大学ヒンディー語学部の学生達が、
ブッダと人生を変えるような出会いを果たした殺人犯を描いた物語、
アングリマーラ』をヒンディー語で上演しました。
2018年1月10日
*写真をクリックすると拡大します

溝上会長 インド講演会ツアーの報告/インドでの取材

前半の日程 2017年10月21日〜11月10日

11月8日THE TIMES OF INDIA の記事

アメーダバードにて

https://timesofindia.indiatimes.com/city/ahmedabad/japan-india-ties-revisited-at-ama/articleshow/61553360.cms?utm_source=facebook.com&utm_medium=social&utm_campaign=TOIMobile 

 

後半の講演会案内の記事

https://timesofindia.indiatimes.com/city/chandigarh/amalgamating-japanese-indian-cultures-through-punjabi/articleshow/61678611.cms?utm_source=facebook.com&utm_medium=social&utm_campaign=TOIMobile

 

後半の日程 2017年11月26日〜12月20日

 

11月27日講演会 YouTube

 

Lecture delivered by Dr. Tomio Mizokami on the subject "Japan-India relations: history and perspective" on 27th Nov. 2017 conducted by VPM's K. G. Joshi College of arts and N. G. Bedekar college of commerce, Thane.
BBC NEWS Punjabi インタヴュー
PTC News のインタヴュー
12月8日 ムンバイでの講演記事
ラクナウでの講演についての記事
アラハバードの現地新聞 講演会の紹介記事

「インパールへのお誘い〜日本・東北インド文化交流会」とその説明会

東北インド・マニプール州に関わりの深い鏑木氏(経歴等は下のファイル参照)から 
東北インド・マニプール州に関心ある方々とインパールにて
交流を深めるべく文化交流シンポジウムを行いたいとの申し入れがあり
その説明会を開催することになりました。
内容は、下のファイルをお読みください。

 

「インパールへのお誘い〜日本・東北インド文化交流会」には
シンポジウムの発表希望ではない一般参加も受け付けています。さらには、
シンポジウム2日間の後の 「インパール戦跡巡りのオプ ショナル・ツアー」 にも関心のある方も
下記12月24日の説明会にお申し込みください。

なお、24日の説明会、インパールでの交流会(シンポジウム)での発表希望の申し込みは

12月23日まで受け付けさせていただきます。
その際、発表内容の概要をお知らせくださいますようお願いいたします。


「インパールへのお誘い〜日本・東北インド文化交流会」説明会
日時:2017年12月24日(日)14:00~16:00
場所:神戸市勤労会館 405
   兵庫県神戸市中央区雲井通5-1-2
   http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
入場無料
講師:鏑木 義博 
申込先:info@kansainichiin.com (担当:モガリ)
    *お名前、人数をお知らせください。
    *12月23日までにお願いいたします。
    *交流会(シンポジウム)での発表希望者もお知らせください。

 

「インパールへのお誘い〜日本・東北インド文化交流会」には
シンポジウムの発表希望ではない一般参加も受け付けています。さらには、
シンポジウム2日間の後の 「インパール戦跡巡りのオプ ショナル・ツアー」 にも関心のある方も
お申し込みください。
12月24日の説明会には上記の内容も含まれます。

 

 

 

 

グローバル人材になるための11ヶ条

 

*講師の磯貝氏は関西日印文化協会の会員です。

日印関係の未来に向けて パートナーとしての重要性を話されます。

 

日時:2017年12月7日(木)14:00~16:10

場所:奈良女子大学 N201教室 N棟 2階

講師:磯貝 富夫さん

 

問い合わせは 奈良女子大学までお願いいたします。

 

 

 

 

インディアメーラー2017

西日本最大のインドのお祭り

 

10月7日(土)8日(日)9日(月・祝)

神戸メリケンパーク

 

詳細はこちらをご覧ください。

https://www.india-mela.com

 

 

 

「I LOVE INDIA 2017」

〜インドの舞踊とフォークアートを楽しもう。ヨーガや講演会など盛りだくさん!〜

日印友好交流年記念事業

 

日時:2017年 9月18日(月・祝) 11:00~16:00(受付10:30~)

 

会場:神戸インドクラブ  

      神戸市中央区山本通1ー7ー15  

 

料金:前売り¥1,000(事前予約) 当日¥1,500  
    (シルバー<60歳以上>割引/前売り¥900 当日¥1,400)
    ・サモサ&チャイ付
    ・中学生以下無料

    ・講演会「日印関係の歴史と展望」のみの参加は無料

 

内容:・溝上会長講演会「日印関係の歴史と展望」(日本語)
   ・フォークアート(コーラム画)の体験。講師/辻恵子 川瀬陽子
   ・南インド古典舞踊の体験と披露。講師/モガリ真奈美、披露/マルガユニティー
   ・初心者向けヨーガワークショップ。講師/片山憲明
   ・北インド古典音楽演奏。シタール/田中峰彦、タブラ/田中りこ
   ・インドPRブース(インド政府観光局のポスター展示、冊子の配布など)
   ・ヘッドマッサージブース(アーユルヴェーダ)
   ・メヘンディブース
   ・ランチはインドクラブのインドカレーランチBOX¥600があります。

 

講師紹介・出演者プロフィール・ワークショップの内容・

ヘッドマッサージについて はこちらをご覧ください。

 

予約・お問い合わせ
   事前予約は「お名前、ご連絡先、人数」
   *インド画ワークショップに参加の方は申込の時にお知らせください。
   メール info@kansainichiin.com
          電話  090-8535-4130 (モガリ)

主催:関西日印文化協会 http://kansainichiin.com
後援:在大阪・神戸インド総領事館、兵庫県、(公財)兵庫県国際交流協会、
  (公財)兵庫県芸術文化協会、(公財)神戸国際協力交流センター、
  (公財)神戸市民文化振興財団、神戸市、神戸市教育委員会、神戸芸術文化会議
協力:北野国際センター、神戸ユネスコ協会 文化 国際交流委員会、神戸北野ライオンズクラブ
   神戸市青少年育成協議会 生田地区・諏訪山支部

(公財)兵庫県国際交流協会民間国際交流事業助成事業

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

インド総領事館からのお知らせです。

〔2017年日印友好交流年記念行事〕
インド政府文科省派遣 スワンザル財団舞踊団
カシミール伝統芸能公演

日時:2017年 8月29日(火)開演18:30 / 開場18:00
場所:インドクラブ神戸
料金:2,000円(インド料理ブッフェ込み)

日本全国ツアーつうのインド・スワンザル財団舞踊団がお届けするカシミール地方の

舞踊、音楽、歌劇に皆様をご案内申し上げます。
本公演では、主に平和や自然への愛をテーマとした伝統的なカシミール地方の

オペラ、カザル音楽、民族舞踊をお楽しみいただけます。
北インド山々の豊かな自然の中で生まれた美しく、生き生きとした伝統芸能を

この機会に是非ご覧ください。
また公演後はインドクラブによるインド料理ブッフェをご用意いたします。

参加方法
indiaclubinfo@gmail.com 宛にメールで。
(イベント名、お名前、携帯、人数をご記入ください)
チケット代金は当日現金でお支払ください。
予約締め切り:8月25日(金)


Kashmiri Performing Arts by the Swanzal Foundation

29TH AUG. 2017 (TUE.)
VENUE: INDIA CLUB (1.7.15 YAMAMOTO DOR,
HUOKU, KOBE
OPEN: 18: oo START: 18:30
TICKET: JPY 2,ooo (INCL. INDIAN BUFFET DINNER)

Introduction

We invite you to join us for an evening of Kashmiri dance
music and theatre, brought to you by talented artists from the
Swanzal Foundation on tour in Japan, You will enjoy a variety
of performance items including opera, Ghazal music and
Kashmiri folk dances that convey a message of peace, unity
and respect for nature. This is a once-in-a-lifetime opportunity
to experience Kashmir's vibrant and beautiful culture.

How to Join: Email your attendance, specifying your name, number of seats, date
& event along with contact detail to the following email address by 25th August.
indiaclubinfo@gmail.com
Payment to be made on site by cash.

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「雅びに インド古典の宴 vol.2」

日印友好交流年記念事業

 

 

マニプリ(東北インド)

オリッシー(東インド)

バラタナーティヤム(南インド)

 熱く薫る三つのインド古典舞踊 一つにつながる心の琴線。

 

日時:2017年7月9日(日) 開演14:00~16:00  (開場13:30)

 

会場:神戸三宮シアター・エートー http://www.a-to-kobe.jp 

    JR三ノ宮駅東口から徒歩約3分

    神戸市中央区琴ノ緒町5-6-9   TEL.078-231-0011

 

料金:前売り予約¥3,500 当日券¥4,000

  (高校生以下/前売り予約¥1,500 当日券¥2,000)

 

出演者:東北部マニプール州インド舞踊マニプリ/外川セツ

    東インド古典舞踊オリッシー/柳田紀美子

          南インド古典舞踊バラタナティヤム/モガリ真奈美

 

 

南インド・東インド・東北インドそれぞれの文化が反映されている古典舞踊を披露して、

文化の違いと その根底にある自然崇拝から発生した神々に祈る舞いに表される共通点を紹介します。

神戸にいながら、インドの3つの古典舞踊の違いやそれぞれの特徴をご堪能ください。

そして、どこか懐かしい感じがするかもしれません、、、。

 

前売り予約・お問合せ:

    info@kansainichiin.com   090 8535 4130 (モガリ)

    メールまたはお電話で「お名前・枚数・ご連絡先」をお知らせ下さい。

    料金は当日受付にてご精算いただきます。

 

主催:関西日印文化協会

 

後援:在大阪神戸インド総領事館、兵庫県、神戸市、神戸市教育委員会、(公財)兵庫県国際交流協会、

   (公財)兵庫県芸術文化協会、(公財)神戸市民文化振興財団、(公財)神戸国際協力交流センター

   神戸市芸術文化会議

 

協力:エアインディア

<出演者プロフィールと踊りの内容>

マニプリ・ダンス

 マニプリ・ダンスは、インド東北部のマニプール州に伝えられている民族舞踊です。

マニプールは「宝石の都」という意味で、インパール州の人口は約240万人、マニプリ語を公用語とし、州都はインパールです。インドとミャンマーとの国境に接する山岳地域に囲まれた、豊かな自然に恵まれた地方です。

 マニプリ・ダンスの歴史は古く、言い伝えによれば、この宇宙が創造されたときに生まれた踊りとされます。

踊りの形式には2つの系統があり、マニプリ人の古くからの自然崇拝の宗教行事から生まれた踊りライ・ハラオバと、ヒンドゥー教のクリシュナ信仰の影響によって新たに形成された踊りラース・リーラーがあります。

 もともと寺院の神々に捧げていた宗教行事が伝統舞踏として発達し、やがて2つの踊りの形式が確立されることで、ステージでも行われるようになりました。特に、クリシュナ神とその恋人ラーダーの物語を演じる優美な

グループ・ダンスはよく知られており、インドの古典舞踊を代表する踊りのひとつに数えられています。 

 

外川セツ プロフィール

インドで生まれ育ち、小学校から高校まで西ベンガル州タゴールの学園シャンティニケトンで育つ。

学校の授業で踊りを習い初め、色々なお祭りや催しに踊ってるうちに踊りが好きになります。

大人になって、マニプリダンスの魅力にひかれ、また父と何回かマニプールを訪れるうちにマニプールのゆたかな文化に

ひかれて行きました。シャンティニケトンでK.Jiten Singh, Y.Hemanta Kumar, K.Sunita Devi に師事いただき、

 

マニプールでも習います。

オリッシィ

東インド、オリッサ州ジャガンナータ寺院に起源する古典舞踊。

千年以上、巫女による秘儀舞踊として継承されてきましたが、1900年代に入り衰退。

その後復興の気運が高まり、1950年頃から芸術舞踊として様式化され、

1966年インド政府より古典舞踊として正式に認められました。現在世界のあらゆる都市で公演されています

腰を深く構えた安定感のある姿勢、曲線美を強調した柔らかい動きと所作は、オリッシィ独特の雅な世界を創出します。

寺院を装飾するレリーフが動き出したかのように見えることから「生きた彫刻」とも形容されます。

 

柳田紀美子 プロフィール

 

オリッシィダンス教室主宰

 

奈良女子大学文学部教育学科卒業。身体表現学を修める。

1988年~デリー、9395年オリッサ州ブバネシュワールに滞在し

S.C.スワイン師指導の下、舞踊訓練を修める。

同時に、オリッサ州政府科学技術省にて2年の職務につく。

伊勢神宮・国立民族学博物館などでの奉納舞踊・レクチャー公演のほか、

インド、ドイツ、アメリカで公演。また2010年よりインド総領事館主催の公式行事で司会進行を務める。

2005年~大学での身体表現、リズム表現教育に携わる。

近年、幼児の表現あそびから、シニア世代のダンスによる身体機能回復に至るまで、生涯を通してのダンス表現活動に取り組む。表現運動・ダンス指導者研究会会員。

大阪・堺にてオリッシィダンス教室「チャンドリカ」主宰。

バラタナーティヤム

南インド古典舞踊はバラタナーティヤムといい南インド、タミルナードゥ州発祥の古典舞踊です。インド四大古典舞踊のうち最古の伝統を誇っており、寺院から発生した祈り・神話の踊りです。

紀元前1世紀頃には、音楽と舞踊の経典バーラタの「ナティヤ・シャーストラ」が書かれています。踊り手は寺院に直属していた「デーヴァダーシー」(神様の召使い)と呼ばれていました。

現在の形は19世紀初め頃、舞台芸術として整えられています。

足首に鈴をたくさんつけ 歯切れのよいステップを踏みながら 体や腕、指先、顔や目の動きでエネルギッシュにダイナミックに感情や物事を表現します。

 

モガリ真奈美 プロフィール

南インド古典舞踊グループ・マルガユニティー主宰  

関西日印文化協会 理事

1990年南インド古典舞踊を始め 南インド・チェンナ イでK.P.Yesodhaに師事し 渡印を重ねる。

1996年舞踊活動開始。1998年南インド古典舞踊グループ マルガユニ ティーを主宰しレッスンクラスを始める。

2001年~ 兵庫県立西宮香風高等学校で「異文 化体験・インド古典舞踊(選択科目)特別非常勤講師を勤める。

その他、公共施設や各種団体の講演会講師、イベント出演、神社仏閣の奉納舞など 南インド文化を踊りを通して伝える機会を増やす一方、太古から伝わるインド神話の叡智、踊りを通したメッセージを今につなぐLIVE活動を広げる。

 

大阪、宝塚、三宮 のレッスンクラスにてダンサー、後進の育成をし奥深い南インド古典舞踊の魅力を伝える。

インド伝統武芸・マーシャルアート

カラリパヤット

神戸公演

日時:平成29年5月15日(月)開演 18:30~

会場:インディアクラブ(神戸市中央区山本通1-7-15)

入場料:3,000円(インド料理付)

2017年日印友好交流年記念事業

「〜日本に初めて来たインド人、婆羅門僧菩提僊那を継承する〜」

記念公演&インド武芸カラリパヤット奉納公演

奈良公演

平成29年5月14日(日)

11:00~13:40 インド映画「 PK」上映

14:00~14:30 オープニングセレモニー

14:30~15:10 講演会

       講師:小島裕子(国際仏教学大学非常勤講師・金剛院仏教文化研究所主任研究員)

       「インド僧菩提僊那(ボーディセーナ)と東大寺ー大仏開眼供養をめぐってー」

15:10~15:40 カラリパヤット奉納公演

会場:東大寺総合文化センター金鐘ホール(奈良市水門町100)

入場無料先着順

神戸国際交流フェア 2017

☆関西日印文化協会は このイベントに協力しています。

 

3月11日(土)神戸市勤労会館

12日(日)神戸ハーバーランド スペースシアター

 

11日(土)外国人スピーチ大会、行政書士講演会、外国人とおしゃべりcaf!)、交流パーティなど、
12日(日)ダンスや楽器演奏をはじめ、関係団体の活動紹介や世界の料理、物販、民族衣装体験コーナーや
抽選会。

外国人学校の生徒や神戸在住の留学生、社会人も参加し、
さまざまな国の文化に触れ、楽しむことができます。
https://www.facebook.com/kobefair2015

■1日目
開催日時 : 2017年3月11日(土)13:30~19:00
開催場所 : 神戸市勤労会館
交通アクセス : 市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各「三宮駅」から徒歩5分
料金 : 入場無料(交流パーティは参加費1,000円・定員200人)

■2日目
開催日時 : 2017年3月12日(日)11:00~17:00
開催場所 : 神戸ハーバーランド スペースシアター
交通アクセス : JR神戸線「神戸駅」から徒歩3分
料金 : 入場無料

 

関西日印文化協会は、インドカレーのブース出店、

南インド古典舞踊のステージ出演(マルガユニティー/13:40~13:55)
インドサリー着付け体験コーナー(モガリ真奈美/14:00~)
担当しています。

 

 

インド映画「バーフバリ 伝説誕生」のご案内

映画「バーフバリ 伝説誕生」【英題:Baahubali the Beginng】が、

4月8日(土)より、大阪:なんばパークスシネマと、東京:新宿ピカデリーで、

1週間限定のロードショー。
本作、壮大な2部作の前篇で、2015年にインド国内で歴代興収No.1を記録。

後篇は、本国で今年4月に公開を予定。
公式サイト
http://baahubali-movie.com/

   溝上会長 ヒンディー語講演会

「日印関係の歴史と展望」のご案内

 

 インド人とヒンディー語を理解する(あるいは学習中の)日本人を対象に、

下記の通り、ヒンディー語による講演会を催します。

講師は溝上富夫・大阪外国語大学名誉教授です。

パワポイントを使って分かりやすく解説します。

ぜひ、お越しください。

 

  日時 : 3月4日(土曜日)午後3時―5時 (開場は2時半)

  

   場所 : Indian Social Society

         (神戸市中央区熊内5丁目1-3)

                地下鉄「三宮駅前」から市バス②系統阪急六甲行に乗り、

                5番目の停車駅「熊内5丁目」下車。少し西に歩いて

              「ローソン」の2階がIndian Social Societyです。

 

  費用 : サモーサーとお茶代として、受付で1000円

       お払いください。

  

  お申し込みはメールで。indictomio@gmail.com

 

 

 

「日印文化」インド共和国第70回独立記念特集号 を発刊しました。

溝上富夫会長の講演会のご案内

溝上富夫会長の講演会のご案内

 

 

 

 

インディア・メーラー2016

西日本最大のインドのお祭り

10月8日(土)15:00~20:00

         9日(日)10:00~20:00

       10日(月・祝)10:00~19:00

 

HAT神戸なぎさ公園

詳細はコチラをご覧ください。http://indiamela.so-good.jp/

 

 

 

 

 

「ソング オブ ラホール」上映のご案内

パキスタン・イスラム共和国の街ラホールの音楽家たちが伝統楽器を駆使してジャズに挑戦し世界へと。。。

ドキュメンタリー映画。

http://senlis.co.jp/song-of-lahore/

 

大阪・十三

第七劇場 9月24日〜30日 13:50~15:20

               10月1日〜 7日 16:15~17:45

               10月8日〜14日 20:45~22:15

 

神戸アートビレッジセンター 10月18日〜

 

電話078-512-5010

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インド映画「PK」上映のご案内

10月29日(土)よりロードショー

http://pk-movie.jp/

・大阪ステーションシティシネマ

・京都みなみ会館

・イオンシネマ京都桂川

・大津アレックスシネマ

・シネ・リーブル神戸*順次公開

 

〜溝上会長の映画評〜

 実際、「PK」は「驚くべき、信じられない、想像を超えた」(こういうタイトルの人気TV番組があります。)作品だった。素晴らしかった!

PKは、宗教が主要な国において、宗教を食いものにする者の偽善ぶりを暴いた。ヒンドゥー至上主義者は早速抗議を表明した。しかし、PKが非難したのは、ヒンドゥー教だけではなく、宗教の名のもとに人々に害を与えるあらゆる偽善者なのである。インドの民衆は、この苦い現実を笑い飛ばす寛大性を有している。すなわち、インドが基本理念として立つところの言論の自由・表現の自由があるということである。インドの健全な民主主義に対し、敬意を表し。心から祝福します。しかし、これだけの教訓を説くだけが、この映画の目的ではない。

 なんといっても、これは素晴らしい娯楽作品であり、その中には、勇気のラサ(情調)・笑いのラサ、愛のラサ、憐みのラサがきちんと組み込まれている。インドの諸言語のうち、PKが最初に学んだのが「ボージプリー方言」(UP東部とビハール州西部あたりで話される方言)だったというのも、プロデューサーの実に面白くて素晴らしい想像力である。

この映画が日本中でヒットする(=歩く)というだけでなく、大ヒット(=走る)するのは間違いがない。

 

大阪外国語大学名誉教授(ヒンディー語専攻)

溝上 富夫

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

川瀬 陽子展 2014 - 2016   関西日印文化協会後援

 

期間:2016年10月8日(土)〜10月13日(木)

   11:00~19:00  (13日(木)は16:30まで)

   ・オープニングパーティー/10月8日(土)18:00より ギャラリー1Fにて

 

会場:トアギャラリー  1F/2F

   神戸市中央区北長狭通3-12-13   TEL.078-334-0531

         http://tor-gallery.com/m/(展示会作品をご覧いただけます)

 

インド、韓国、日本で出会った風景や植物、細密画や民俗画を日本画等で描きました。

川瀬陽子HP  http://www7b.biglobe.ne.jp/~yokokaiga/

 

後援:関西日印文化協会、神戸芸術文化会議

平成28年度芸術文化活動育成・支援事業(兵庫県)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◉本会会長と名誉顧問が「神戸とインド」の第2回研究会で報告します。

  内容と申し込み方法を読んで、時間と関心のある方は、お申し込みください。

【研究会】「神戸とインド」第2回研究会

【日時】2016年8月30日(火) 13:00-18:00

【場所】こうべまちづくり会館(神戸市中央区) 多目的室
http://www.kobe-machisen.jp/access/

【プログラム】
第1部:13:00―15:45
大石高志(神戸市外国語大学) “Indian merchant intra-regional networks and Kobe: conjunctions and
circulation in trade, assets and religion”(暫定版日本語発表)

籠谷直人(京都大学) “The Export of Japanese Cotton Textiles into British India and Merchants in
Kobe, 1931-1937” (暫定版日本語発表)

佐藤宏(日本南アジア学会)“Retrieving “Enemy” Property; how Indian and Japanese traders reclaimed
their assets after the Second World War” (暫定版日本語発表)

コメント: 陳来幸(兵庫県立大学)

第2部:16:00―1800(予定)
溝上富夫(大阪外国語大学名誉教授)「神戸の土に還った戦前のインド語教師アタル・セーン・ジェイン氏」
コメント:黒沢一晃(元松陰女子大學学長)
質疑応答等

*プログラムは当日、若干の変更の可能性があります。

【問い合わせ】
大石高志 takashioishi71[at]nifty.com
[at]を@に替えてください。
準備の関係がありますので、お越しいただく際には、事前に御連絡をお願い申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北インド古典音楽&フュージョン奉納公演

インド政府ICCR派遣

もっと知ろう、〜日本に初めて来たインド人、

婆羅門僧菩提僊那を継承する〜

 

*下のチラシをクリックしていただくと拡大します。*

「雅びに インド古典の宴」

 

・インド総領事にご臨席いただくことになりました。

・前売り予約は残り少なくなっております。早めのお申し込みをよろしくお願いいたします。

  

日時:2016年7月2日(土)開場 13:30    開演 14:00~16:30

場所:凮月堂ホール  神戸市中央区元町通3-3-10

料金:前売り¥3,500 当日¥4,000(創作和菓子とお茶付)

 

前売り予約先:

info@kansainichiin.com      090 8535 4130(モガリ)

メールかお電話で「お名前・人数・ご連絡先」をお知らせ下さい。

料金は当日受付にてご精算いただきます。

 

大自然観の旋律と心地よいリズムを刻む北インド古典音楽。

太古にいざなう優雅で力強い美を表現する東インドと南インドの古典舞踊。

 

花(佳生流)と創作和菓子(凮月堂)により五感、雅やかな インド古典の宴。

 

出演者:

北インド古典音楽/

シタール奏者:田中峰彦

タブラ奏者 :アシュウニ・クマール・ミシュラ

 

東インド古典舞踊/柳田紀美子

南インド古典舞踊/モガリ真奈美

 

舞台装飾:華道家/西村公延(佳生流)

 

主催:関西日印文化協会、

後援:在大阪神戸インド総領事館、兵庫県、神戸市、神戸市教育委員会、

(公財)兵庫県国際交流協会、(公財)兵庫県芸術文化協会、

(公財)神戸市民文化振興財団、神戸市芸術文化会議

協力:凮月堂

 

★神戸市芸術文化活動助成事業(予定)

国際ヨガDAY関西

2014年の国連で6月21日が「国際ヨガデー」に制定されました。

国連は、インド・モディ首相の提案を受け、心身ともに健康に過ごす日として、

国際的なヨガ推進制作の一環として明らかにしました。

 

「国際ヨガDAY関西 メインイベント」

6月19日(日)11:0~15:00  大阪城西の丸庭園であります。

詳細を是非ご覧ください。

http://www.yogadaykansai.com/

 

 

 

インド財務大臣 アルン・ジャイトリー氏 特別講演会

◉KOBE国際交流フェア 2016

関西日印文化協会はこのイベントに協力しています。

13日(日)スペースシアターにて

*インドカレー販売

*南インド古典舞踊ステージ(13:00~13:10)

 

<一日目>

【日 時】2016年 3月12日(土)13:30~19:00 (受付 13:00) 

【場 所】神戸市勤労会館 

【内 容】外国人スピーチ大会、世界に羽ばたくボランティア

         50年の歴史 トーク&写真展、外国人とおしゃべりcafe、交流パーティ

【入 場】無料

 

<二日目> 

【日 時】2016年 3月13日(日)11:00~17:00 

【場 所】スペースシアター(ハーバーランドセンタービル B1F)

【内 容】ステージパフォーマンス、参加団体の活動紹介、民芸雑貨の販売

     世界の料理、民族衣装、ゲーム体験コーナー、お楽しみ抽選会

【入 場】無料

 

(詳しくは)

http://www.kicc.jp/fair/ 

https://www.facebook.com/kobefair2015/

 

◆神戸~KOBE国際交流フェア2016~ 

講演会「外国人が知って得するビザの話」

 

【日 時】2016年 3月12日(土)15:15~16:45

【場 所】神戸市勤労会館 4階 403号室 

【入 場】無料

【講演内容】永住・帰化・相続・入管法改正における注意点、

      Q&A(質問があればお気軽にどうぞ)

【講 師】兵庫県行政書士会 神戸支部 宮本健吾 氏

【定 員】30名程度 (先着順) 

     ※通訳が必要な場合はお知らせください。

【締め切り】2016年 2月29日(月)

 

【問合・申込先】神戸国際交流フェア実行委員会事務局 (神戸国際協力交流センター/KICC内)

        Email: fair@kicc.jp FAX 078-291-0691 TEL 078-291-8441 

 

(詳しくは)

 

http://www.kicc.jp/kicc/pdf/fair2016/gyouseishoshikai_jp.pdf (チラシ)

◉マニプリ公演のお知らせ

日時: 2月15日(月)18時開演

場所: 堺市役所 高層館21階展望ロビー

入場無料

 

日時: 2月16日(火)18時30分開演

場所: India Club

チケット: 3,000円(公演後のビュッフェ含む)

◉溝上会長の「インド講演旅行記」

「公益財団法人日印協会の会報 「月刊インド」112号に掲載」

 

大安寺国際縁日

 

日時:2015年10月25日(日)  10:00~16:00

 

場所:大安寺(境内および信徒会館)
大安寺 奈良市大安寺2-18-1   TEL:0742-61-6312
http://www.daianji.or.jp/
アクセス http://www.daianji.or.jp/08-an.html

 

入場無料

 

信徒会館にて/

10:30~12:00   特別講演
講師・在大阪神戸インド総領事T.アムストロング.チャグサン氏
演題「インドの仏教遺産」

 

境内にて/

12:15~13:00   南インド古典舞踊(マルガユニティー)

14:50~15:30   北インド古典音楽 
(シタール奏者/田中峰彦、タブラ奏者/アシュウニ・クマール・ミシュラ)

 

境内では インド料理店やほか様々なブース出店があります。
歴史ある大安寺での国際縁日です。

◉関西日印文化協会からのおススメイベント

インディア・メーラー 2015

西日本最大のインドのお祭り


10月10日(土)  15:00~20:00

   11日(日)  10:00~20:00

   12日(月・祝)10:00~19:00

神戸のメリケンパークで行われます。


3日間ステージではインドの舞踊、音楽などが次々と出演。
インド芸術の幅の広さがうかがえます。

(12日はインドから来日グループ出演)

インド料理店のブースも沢山出店していますし、
インド関連の物販ブースも内容が豊富です。


【インディアメーラー事務局】

〒564-0063 吹田市江坂町3-2-1 
TEL 06-4860-6878 / FAX 06-7897-8564
E-mail india@happy.odn.ne.jp


詳細はこちらをご覧ください。http://indiamela.so-good.jp


溝上会長、東京でモディ首相と対面!
2014年9月2日、日印協会と日印友好議員連盟の共催で、憲政記念会館でひらかれた「モディ首相歓迎会」の席上、モディ首相は演説の中で、「日本でもヒンディー語でスピーチをしてほしい、との見事なヒンディー語の手紙を受け取った」と溝上会長に謝意を表明した。
 

トピックス

NEW!!!

「このたび、公益財団法人日印協会理事長の平林 博氏(元駐印・駐仏大使)が、瑞宝重光章を受章されました。
本会は会員一同、心からお祝いを申し上げます。」

9月17日(月・祝)神戸インドクラブにて開催しました

「I LOVE INDIA 2018」の報告と写真を載せました。

こちらをご覧ください。

 

 

 

「溝上富夫名誉教授 Padma Shri賞 受勲祝賀会」の報告と写真を掲載しました。

こちらです。

 

 

 

日本・東北インド文化交流会

2月27日28日の報告を載せました。

こちらをご覧ください。

 

 

「インパールへのお誘い〜日本・東北インド文化交流会」説明会
日時:2017年12月24日(日)14:00~16:00
場所:神戸市勤労会館 405
   兵庫県神戸市中央区雲井通5-1-2
   http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
入場無料
講師:鏑木 義博 
申込先:info@kansainichiin.com (担当:モガリ)
    *お名前、人数をお知らせください。
    *12月23日までにお願いいたします。
    *交流会(シンポジウム)での発表希望者もお知らせください。

 

「インパールへのお誘い〜日本・東北インド文化交流会」には
シンポジウムの発表希望ではない一般参加も受け付けています。さらには、
シンポジウム2日間の後の 「インパール戦跡巡りのオプ ショナル・ツアー」 にも関心のある方も
お申し込みください。
12月24日の説明会には上記の内容も含まれます。

 

 

 

「雅びに インド古典の宴 vol.2」の報告と写真を載せました。

こちらをご覧下さい。

 

 

 

2017年6月2日に、

大阪のヒルトンホテルで

ジェトロ主催で開かれた

インド・チャッティースガル州の投資セミナー」で、

溝上会長は、州首相のラーマン・シン博士のヒンディー語のスピーチを日本語に通訳して、

感謝の品を進呈されました。

さらに、
溝上会長は今年の11月1日から始まる「チャッティースガル州創設記念日」の公式行事に招待されました。
(写真をクリックしていただきましたら拡大します)

12月3日(土)神戸インドクラブで行われた溝上会長の講演会のことが毎日新聞に掲載されました。

http://mainichi.jp/articles/20161215/ddf/012/040/017000c

 

こちらに新聞記事を載せています。